ルンパートナーズグループ

LUN Partners Group

ルンパートナーズグループは2016年に香港で設立され、上海に本社を置く投資持株会社です。現在ベンチャーキャピタルファンド、プライベートエクイティファンドを管理すると共に、クロースボーダーアドバイザリー及びイノベーティブファイナンシャルサービスを主要事業として展開しています。

コアマネジメントチームは大手金融機関、投資機構の出身者で、ファンド運営管理、プライベートエクイティ投資、クロースボーダーバイアウト、フィンテックプラットフォーム運営管理における豊富な経験を持ち、世界規模での金融サービスを提供する事ができます。投資先企業と提携パートナーはアメリカ、中国、日本、シンガポール、南アフリカ、ケニア、スイス、イギリス、イタリアと世界中に分布しています。

インベストメントマネジメント

グループ傘下の投資管理会社は複数のファンドを通して、主に金融分野において革新的なハイテク企業に投資すると共に、投資先企業に対し戦略企画、運営アドバイス、資本政策、ビジネスマッチングなどのバリューアップサービスを提供しています。

クロースボーダーアドバイザリー

グループ傘下のコンサルティング会社はグループの世界中に広がるネットワークを通して、クライアントの国際化戦略と海外進出を支援、具体的にはグローバル戦略の策定から、クロースボーダー取引及びM&A、企業リストラクチュアリングに関連するコンサルティングを提供します。

ファイナンシャルサービス

グループ傘下の金融サービスプラットフォームはグループ内、投資先企業、提携パートナのリソースを統合し、世界の先端技術と革新的なビジネスモデルを高成長新興市場に導入、企業顧客と個人消費者に革新的な金融商品及びサービスを提供します。

投資戦略

グループ傘下のファンドは主に世界各地の革新的なハイテク企業に投資し、更にこれらの企業が持つ先端技術とビジネスモデルを高成長新興市場に導入し、現地子会社への追加投資や現地パートナーとなり、事業の展開を支援します。

バリュークリエーション

投資先企業の管理と支援を徹底し、その一環として事業戦略の助言、提携パートナー、各投資先企業との協力を強化し、共に発展していく事を目指しています。

ビジョン

投資先企業が相互に刺激を受け、協力し合う事により技術とビジネスモデルの進歩や企業自身が進化し、最終的に産業全体のパラダイムシフトをリーディングする事を目指しています。

投資範囲

主に世界各地の高成長ステージのフィンテック(FinTech)企業に投資すると同時に、ビッグデータと人工知能(AI)及びエドテック(EdTech)などの分野の革新的なハイテック企業にも投資します。

グローバルに布石

グループの投資先企業と提携パートナーは北米州、アジア、アフリカ及びヨーロッパに幅広く布石し、アメリカ、中国、日本、シンガポール、南アフリカ、ケニア、スイス、イギリス、イタリアと世界中に分布しています。

詳しく見る